ひまわり日記
監督加藤治代のひとりごと。
プロフィール

しゃみしぇん

Author:しゃみしぇん
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"クッキー"と"じゅうそう"
でも、"じゅうそう"は、"重曹"ではなく大阪、"十三"の事。
関西では、お馴染みの地名ですがバリバリ群馬県民の私は
全く知りませんでした。
この地名、何か面白い由来があると思われますが、
こちらも全く不明です。

先日まで上映していただいた"第七藝術劇場"は、十三の駅からちょっとだけ歩いた、
風俗のお店が立ち並ぶ通りにある映画館です。
この通りの夕方、グラマーな女性が
"おはようございまーす"と
呼び込みのおじさんに元気に挨拶して出勤します。
そうかと思うと、隣には"フレンドリー商店街"があって、
年配の方や子供連れのお母さんが
自転車で夕飯のお買い物したりしています。

舞台挨拶の前、私は周りにラブホテルの沢山ある、
ラブの無いホテルに宿泊しました。
早朝、ぼんやり外を眺めていると、中年のカップルが
腕を組んでラブホテルから出て行くのが見えて、
ラブ無しホテルにいるウブな私はいろいろなよからぬ想像で
頭の中がクルクルめくるめいてしまいました。
混沌として、とてもワクワクドキドキする面白い街でした。

大阪の皆さん、第七藝術劇場の皆さん
本当にありがとうございました。
帰りにいただいたクッキー、
美味しくてあっという間に無くなってしまった。
食べるのが、やたらと早かった。

加藤治代

2006 11 21 pm 9:00  次回はビュジュアルアーツと法政大学のお話・・


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。